●あ

アズアレンジ
AS ARRANGED
別名:アズアレ
海上運賃を買い手側に知られたくないときにB/Lの運賃欄にこの表記を入れる。運賃着払い(COLLECT)の場合以外はたいていこの表記になる
アプリキャント
APPLICANT
L/Cの発行を依頼する者。一般的には買主である輸入者。
アメンドメント
AMENDMENT
B/LやLC等の記載事項を訂正すること。B/Lの訂正にはL/Gが必要になる。
アライバルノーティス
ARRIVAL NOTICET
別名:アライバル
輸入貨物を積んだ船が入港した際に船社から来る到着案内。
アンカー
別名:アンカー取り
梱包用語で貨物を腰下に固定する事。通常はボルト止めする。
イレボキャブル
IRREVOCABLE
取消不能L/C。いったん発行したら関係者の同意なしには取消しの出来ない信用状。取消可能L/C(REVOCATION L/C)の場合輸入者が無断で信用条件を変更できるので注意を要する。
イン・ホールド・カーゴ
IN HOLD CARGO
船倉(甲板の下の貨物スペース)に積む貨物。
インボイス
INVOICE
送り状。品名、価格、数量、買主等が記載されている。宅配便で使用する送り状と内容的には変わらない、英語になっただけ。
ウェイビル
WAYBILL
運送状。B/Lのように有価証券としての価値がなく単なる送り状でしかない。従ってL/C買取りようには使用できない。海上運送状(SEAWAYBILL)航空運送状(AIRWAYBILL)がある。宅配便の送り状程度の認識でよい。
上屋 保税蔵置場、輸出入貨物が税関申告のために一時的に保管される倉庫。例えて言えば海外旅行に行くときに出国審査を終えて免税品を買える場所。
エアーサス 輸送中の振動を嫌う精密機械等の輸送に使われるトラックでエアーサスペンションで荷台の衝撃を緩和する。
エアーフレート
別名:航空運賃
航空運賃。航空運賃はKG単位で計算され、容積から求めた重量とG/Wを比較して大きいほうの重量を採用する。容積から重量を求めるには(L cm × W cm × H cm)÷6000=容積から求めた重量(kg)
ETD 船の出港予定時間。
S.R.C.C. 海上保険の特約。ALL RISKでは保証されない暴動、ストライキ等による損害をカバーする。
ETA
別名:エタ
船の入港予定時間。
N/W 貨物自体の重量。輸出申告の時に基準になる重量で、PACKING LISTや申告書には必ず記入しなければならない。
FOB Free On Board。貨物の価格と船積諸費用を含んだ価格。表記例FOB YOKOHAMA \234,567(横浜で本船に積込むまでの価格の意味)
MLB
MINI LAND BRIDGE
海陸一貫通しB/L。アジア方面から北米東岸に輸送する際に北米西岸まで船で輸送し、ここから鉄道に積替えて大陸を横断させる方法。
L/G 保証状。B/Lのように有価証券を訂正する祭に荷主が船社に対して差し入れる書類で、内容は「訂正に関して後日問題が起きても全て私が責任を取ります…」
エンドース
ENDORSE
別名:裏書
一般的に使われる言葉だが、輸出の場合入手したB/Lの裏面に輸出者がサインすることによって裏書が終了し、それ以後B/Lに流通性が出る。裏書には記名式裏書(FULL ENDORSEMENT)と白地裏(BLANKENDORSEMENT)がある。B/L ORIGINALが複数部発行された場合にはその内の1枚に裏書きされれば残りは無効になる。
オーバーハイ
OVER HIGH
OPEN TOP やFLAT RACKコンテナを使用した場合に、コンテナの高さより上に出る部分の高さ。
オーバーワイド
OVER WIDE
FLAT RACKコンテナを使用した場合に、コンテナの幅より横に出る部分の幅。
オープントップコンテナ
OPEN TOP CONTEINER
別名:オープン
コンテナの前後左右が鉄板、天井がキャンバスでロープ止められているのでロープの長さを調整すればドライコンテナに入らないかさ高貨物も入れられる。
乙仲
別名:フォアーダー
乙種海運仲立業のことだが、乙仲の名称は戦前のことであり現在は正式には存在しない。現在は通関業者と言う意味で使われていることが多い。
オンデッキ・カーゴ
ON DECK CARGO
甲板上に積む貨物。甲板上の貨物の場合保険上の制約があるので注意を要する。